パーソナルトレーナー
養成スクール|大阪

パーソナルトレーナー資格

Personal trainer Lisence パーソナルトレーナーの資格2選
国際的なパーソナルトレーナーの資格取得を
プロジムの半年で

パーソナルトレーナーとは?

パーソナルトレーナーはクライアントと向き合う職業
一対一のマンツーマン指導でクライアントに運動指導する職業のこと。
また、その職業についている個人のことを指します。
パーソナルトレーナーは、クライアントそれぞれに異なる目的(ボディメイクやダイエット、健康向上、体力向上等-)に合わせて、目標を設定しトレーニングメニューを組み、マンツーマン指導でトレーニングを行い、栄養指導やその他の生活指導を行います。また、フィードバックと説明を提供します。
その中でクライアントに寄り添いやる気にさせるということも大きな仕事の一つです。パーソナルトレーナーは、クライアントの長所と短所を正確に評価し測定することも重要な業務の一つであり、この評価を行うことによって、クライアントのトレーニング内容や体力の改善を行います。
パーソナルトレーナーはトレーニングの知識だけでなく栄養も健康の知識も必要
また、パーソナルトレーナーは運動以外の健康に関わる多くの側面でクライアントを指導することを求められる。それは、栄養面であったり、健康に関わる一般的な知識です。
パーソナルトレーナーは、クライアントが私生活でどんな食事をしてどんな運動を行い、どんなスタイルの生活を送っているのか?(例えば車移動がほとんどなのか?座ることが多いデスクワークなのか?よく歩く職業なのか?等)という、ジムで顔を合わす以外のことも把握することを求められています。
それを把握することで、クライアントが日常生活において、身体のどの部分にどのようなトレーニングが必要か?などを見定めることが可能です。

パーソナルトレーナーの資格は必要?

しっかり学び、資格をとりましょう。
資格取得し、クライアントに信頼されるパーソナルトレーナーになるべき。
これはクラインアントの安全の面でも必要不可欠である。
今現在、日本ではパーソナルトレーナーの国家資格はありません。
ですので、国家資格がなくてもパーソナルトレーナーを名乗り仕事をすることは可能です。ですが、無資格でクライアントと信頼関係が築けるでしょうか?また、上記の「パーソナルトレーナーとは?」で述べた内容の仕事を資格なしでクライアントに提供することができるでしょうか?
また、資格のあるトレーナーであれば、クライアントが運動をしてはいけないサインが身体や動きに出ているときに適切に判断ができる知識を持っています。それは非常に重要なことです。

パーソナルトレーナーになるための有利な資格2種類について

プロジムでも取得できる、国際パーソナルトレーナー資格2つ!

1. NESTA-PFT
どんな資格?

NESTA(全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会)のパーソナルトレーナー資格。
1992年発足。アメリカを本拠地とする。
NESTAはただ、パーソナルトレーナーとしての知識・技術の教育だけでなく、ビジネスマインドも教育しサポートすることを目的としている。
理念は「世界の元気に貢献します」

資格の活かし方

NESTA-PFTは、パーソナルトレーナーとしてクライアントのニーズやゴールに的確なゴールを提供できるプロを育成することを目的としており、「科学的根拠」をもって、クライアントへプログラム設計・実施を行えるようになります。
パーソナルトレーナーとして就職はもちろんのこと、フリーランス・独立してパーソナルトレーナーとして活躍することができます。

資格取得で学べる知識

NESTA-PFTは、パーソナルトレーナーとしてクライアントのニーズやゴールに的確なゴールを提供できるプロを育成することを目的としており、「科学的根拠」をもって、クライアントへプログラム設計・実施を行えるようになります。
パーソナルトレーナーとして就職はもちろんのこと、フリーランス・独立してパーソナルトレーナーとして活躍することができます。

資格取得で学べる知識

パーソナルトレーナーとしてプロフェッショナルとなるための
「身体に関する幅広い専門的知識」「トレーニング全般に関わる偏りのない知識」「実践的技術」
「顧客を得るためのビジネススキル」「コミュニケーション対応力」

試験情報

<受験資格>
1. NESTA JAPANか医学映像教育センターでPTFテキストを購入済であること
2. 定期的にCPR・AEDの技能トレーニングを積んでいること
3. 日本国籍、または日本で就労可能な在留資格を有していること
4. 満18歳以上で高等学校卒業以上のもの、NESTAが認定する教育カリキュラム修了者

<資格取得にかかる費用>
93,900円(税込)WEBコースの場合  
※テキスト代が別途13,600円必要
***
体育系大学卒業者、1年以上のパーソナルトレーナーやインストラクターとしての実務経験あるなどの場合、すぐに受験できる「ダイレクトコース」が受講可能。またこのような実務経験がない方でもNESTA認定の養成講座16時間以上を受講することによって受験できる「ゼミコース」もあります。

<試験会場>
東京・大阪・名古屋
<試験頻度>
月1
<合格率>
50%~60% (プロジム受講生は100%)
<更新について>
4年に1度 ※資格取得日から次回更新までの間に5.0単位を取得しなければなりません
<更新にかかる費用>
20,000円

2. NSCA-CPT
どんな資格?

NSCA(National Strength and Conditioning Association)が認定する
パーソナルトレーナー資格(NSCA-CPT(NSCA認定パーソナルトレーナー)

資格の活かし方

1.クライアントと向き合う知識を持つことで自信に
N S C Aは世界的にも、パーソナルトレーナーの資格の中で最も有名な資格です。資格を取ることで、体系的にトレーニングの理論を学ぶことができ、それが知識となり自信となり、クライアントと向き合うことができます。

2.パーソナルトレーナーとして就職するため
フィットネスクラブやパーソナルトレーニングスタジオでの就職を考える場合、資格が必須事項となります。無資格でパーソナルトレーナーとして活動するのは不可能に近いのが現状です。

資格取得で学べる知識

パーソナルトレーナーとしてプロフェッショナルとなるための
「身体に関する幅広い専門的知識」「運動生理学」「トレーニング理論」「トレーニング全般に関わる偏りのない知識」「実践的技術」・「顧客を得るためのビジネススキル」「コミュニケーション対応力」「施設運用」「法律」

試験情報

<受験資格>
1. NSCAジャパン会員であること
2. 満18歳以上であること
3. 高等学校卒業者または高等学校卒業程度認定試験(旧:大学入学検定試験)合格者であること

<資格取得にかかる費用>
NSCA-CPT認定試験 46,000円(税込み)

<試験会場>
試験会場は、試験管理会社ピアソンVUEのテストセンター
<試験頻度>
出願手続きが完了すると、120日間の受験期間が設定され、この期間に1回受験することができます。受験者自身が、ウェブサイトまたは電話にて、試験の日時を予約します。
予約は、予約した試験日時の24時間前までであれば、何回でも変更することができます。
<合格率>
78.9% (プロジム受講生は93%)
<更新について>
3年に1度
<更新にかかる費用>
不要

パーソナルトレーナーの給料年収は?

資格をとって年収アップしよう

“パーソナルトレーナーになりたい” と思っても、
「生活できるのか?」「今より給料さがるのではないか?」
「家族を養っていけるの?」「収入が不安定じゃないか?」
…などというパーソナルトレーナーになってからの収入面での不安は、プロジムの入学前相談でもよくご相談を受ける内容です

パーソナルトレーナーとしての働き方は、いくつかあります。
1.フリーランスでパーソナルトレーナーをする。
2.パーソナルトレーナーとして独立開業をする。
3.パーソナルトレーナーとして正社員として勤務する。
4.パーソナルトレーナーとしてアルバイトとして勤務する。

このページではあるパーソナルトレーニングスタジオA社・B社・C社の具体例をもとに、実例をご紹介してみたいと思います。
A社とB社は、全国展開している中規模のパーソナルスタジオを運営する会社であり、C社は小規模のパーソナルトレーニングスタジオを運営する会社です。
この、A~C社は一例ですが、この中で、パーソナルトレーナー資格を持っている場合と持っていない場合との比較も確認してみてほしいと思います。

【資格ある場合とない場合の、スタジオ規模別の給料比較の一例】

スタジオ 資格 正社員(店長) 正社員 アルバイト
A社:
中規模全国展開ジム
資格あり 35万円
賞与(年2回)
賞与基準額+5万円
25万円
賞与(年2回)
賞与基準額+3万円
時給1,200円
資格なし 店長不可 20万円 時給1,000円
B社:
全国展開大手ジム
資格あり 30万円
+歩合制
23万円
+歩合制
時給1,300円
資格なし 採用なし 採用なし 採用なし
(雑務のみ採用)
C社:地方小規模 資格あり 30万円 23万円 時給1,300円
資格なし 25万円 20万円 時給1,100円

プロジムで資格取得が有利な理由

01
プロジムの半年間はNESTA取得を目指せるカリキュラム

プロジムの半年間の「パーソナルトレーナー養成基礎コース」の授業は、「NESTA」資格取得を基準にカリキュラムが作成されています。
プロジムでは各分野の専門の講師が科目ごとの専門に分かれて少人数制クラスで徹底指導するので、とてもわかりやすい。
他社のスクールは、全ての科目を同じ講師1人+アシスタントで行うこともあり、これでは専門分野を学ぶには物足りない。

02
基礎コースに+αでNSCAを合格までの完全バッグアップするオプションコースがある。

プロジムだけの「強み」の1つとして、このNSCAオプションコースは外せない。NESTAよりも少し難易度が高いと一般的に言われるNSCA資格取得。この資格取得をプロジム生には達成して欲しいとの思いで、講師とマンツーマン授業で資格取得対策講座が用意されている。マンツーマン、1体1の個人授業だから、自分の苦手な科目を徹底して追求できるのが受講生には好評。
NSCA資格取得サポート オプションコースはこちら

03
小人数制クラスであること

わからないところがあっても、講師に直接直ぐに質問出来る環境は重要なこと。座学、実技ともに、少人数制だから、確実に知識を自分の者にできる。

04
合格率100%

2020年3月現在、NESTA合格率は100% NSCAについても86%の合格率を誇る。
*NSCAについてはオプションコース受講者のデータ

05
授業内容

講師の専門性。幅広い科目を網羅しなければならないパーソナルトレーナーとしての学びも、それぞれの専門家から学べるのでわかりやすいと好評だ。

06
アフターケア

プロジム卒業後も、プロジム生として定期開催されている「パーソナルトレーナーとして身につけたい学び」をいろいろな側面で学ぶことができる。

TOP