パーソナルトレーナー
養成スクール|大阪

パーソナルトレーナのためのコラム

パーソナルトレーナのためのコラム

インタビュー「パーソナルトレーナーの資格取得」~NESTA合格(河野さん)

パーソナルトレーナーとして取得したい資格の1つに「NESTA」があります。プロジムでは、基本の「パーソナルトレーナー養成基礎コース 」のカリキュラムは、NESTA資格取得を1つの目標にしており、授業はそれに沿って行われます。*
今回は、プロジム受講生の河野さんにNESTA試験に合格されたお話を伺いたいと思います。
NESTAに向けての勉強対策など、試験勉強をされている方にとって良い読み物となると思います。

*NCSAの資格取得にも対応しております。

●プロジム2018年入学生 河野さん(49歳)x プロジムスタッフ

—NESTA合格おめでとうございます。早速ですが、河野さんの勉強方法はどんなものでしたか?

初めて聞く言葉、見る漢字等多くあり、とにかく書きました。パーソナルトレーナーとして、今後の授業からセミナーまで必要な用語になるので、時間はいりますが、書いて慣れる事で覚えるようにしました。
プロジムでの授業と小テストで自分の抜けてる所を復習という繰り返しをしてました。
中間テスト以降まで、NESTAの教本は、ほとんど読んでなかったですね。
ただ、プロジム在籍中に試験を受けて合格する目標は決めてたので、逆算をしてペースを考えてはしてましたが。中間テスト以降は教本を中心に3、4回は理解するように本を読みました。それと併用で問題集をして、間違えたとこ、疑問のある部分を調べ直ししてました。それと講義を聞いて、自分が理解できるように心掛けて、分からなければ質問、質問ができるとアウトプットする事を考えるので覚えるに繋がりました。

—仕事もされながら、頑張られましたね!苦手だった科目はありましたか?それはどう攻略されましたか?

特に苦手は、無かったですが、あえて言うなら、生体力学。

あと、科目ではないですが、解剖学の言葉と動きを繋げること。

その攻略方法は、生体力学は覚える!解剖学の言葉と動きも覚える!!(笑)
解剖学の言葉と動きは、先生の実技や自分のトレーニングで考えたりしてました。
実技で覚えるのが、自分にあってました。

—資格取得を目指して勉強していた時期の一週間のスケジュールを参考に教えて下さい。

かなり大まかになりますが、月曜から金曜日は日中仕事。仕事のあと週2~3回でトレーニング。土曜日は休日。日曜日はプロジム授業。

月曜〜土曜日平均2時間位勉強。仕事やトレーニングやる事全て終わってからしてました。
授業が始まった頃は、時間が余るくらいでしたが、テスト前は勉強するとこ多く時間が足りないくらいでした。

—特にご自分で「頑張ったな」と思う点を教えてください。

出張もあり思うように一週間勉強ができない日も多くありましたが、できる限り勉強する時間を作ったことです。

—プロジムで資格取得はどう役に立ちましたか?

資格自体はパーソナルトレーナーの資格を取った事で理解をされやすくなりました。
が、資格取得より自分のベーシックな部分ができました。
トレーニングは自己流や聞いたりした事だけでしていたので、怪我をしたりしていました。正しいフォームを学ぶ事で、何年も悪かった肩や背中が治っていきました。
資格より基本ができたこと、色々なトレーニングがありますが、応用より基本に帰る事が出来ることが、凄く役立っています。

—基本、大事ですね。背中も治ってよかったです!これからのご活躍が楽しみです。これからの目標があれば、お聞かせください。

まず何事にも興味を持つこと。
自分目線で決めつけないこと。
柔軟性を持つことですね。
とにかく、継続です。
後は髪の毛を、、、

以上です。

これで大丈夫ですか?
質問の回答になってますかね。
自分のやり方なんで、変に上から目線になってるようであれば、編集してください。

—大丈夫です!というより、すごくよかったです!ありがとうございました!

written by Triath inc writer

TOP